スポンサーリンク

ブログを500記事投稿したらアクセスが増えるかどうか検証してみた結果

ブログを400記事投稿したらアクセスが増えるかどうか検証してみた結果」から実に1年半も経ってしまいましたが、ようやくこの記事で500記事目になるので、現在までの結果をまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

当ブログのコンセプトとルール

  • 評価0からのスタートを検証するため、新規ドメインでブログを作る (2018年10月設立)
  • 自分が持っている既存のサイトからのリンクは一切しない
  • ジャンルは雑記ブログだが、個人的な日記帳ではなく、困ったこと、知りたいことがある人が検索するであろう事柄や商品レビューを記事にする
  • 1記事あたり2000文字程度の文章を目安とする(といいつつ実際は4000文字以上の記事が大半)

きっかけはたまたま「ブログを100記事書いたらアクセス増えて月1万PVは超える」みたいな初心者ブロガー向けの記事を見かけて、いやいや100記事程度でそれは無理でしょ、と感じたので実際に試してみた、というだけのことです。

ただ、まったくの無駄とは思っておらず、自分が何か困ったときに調べて解決に至った事柄や、実際に購入した商品のレビュー等、きちんと中身のある記事を投稿していけば、一定数のアクセスはあるだろうし、年金の足しになるくらいの収益は上がるだろう、とも思っていました。

実際にやってみた結論としては、ジャンルを絞らずに思いつきレベルで(但しどこかの誰かの役には立つであろう)記事を投稿した場合、おおよそ300記事くらいからアクセスが急増し、それ以降はやや頭打ち、という感触を得ました。

3年9ヶ月のアクセス推移(2018年10月~2022年7月)

3年9ヶ月のアクセス推移(2018年10月~2022年7月)

約3年9ヶ月で合計約256万PV、ユーザー数は約176万人です。

93%が検索エンジンからの流入であり、ほとんどのユーザーが1ページしか読まないところがジャンルを絞らない雑記ブログの特徴でもあります。…リピーター?なにそれおいしいの?

各記事数到達時点での結果は下記のとおり。

月間のPVで見ると、100記事時点では約800PV/月、200記事で約7,000PV/月、300記事で約39,000PV/月、400記事で約70,000PV/月でした。

500記事を投稿した現時点では先月(2022年7月)の実績で57,747PV/月と逆にやや減っている感じですが、別に減り続けているというわけでもなく、更新せずにほったらかしでも5~6万PV/月で落ち着いている、という感じです。

最近1ヶ月間のアクセス推移

最近1ヶ月間のアクセス推移

前回書いたとおり、実験自体は300記事到達時点で満足したので、その後は本当に気が向いたときにしか投稿しておらず、

  • ブログ開設~300記事までは毎日投稿で約300日間で達成
  • 300~400記事は気が向いたときだけ投稿し、約1年半
  • 400~500記事も気が向いたときだけ投稿し、約1年半

という結果です。別に狙ってやっているわけでもないのですが、「気が向いたとき」ルールだと100記事投稿するのにちょうど1年半ずつかかっているのが興味深いですね。ざっくりと週に1度は投稿しないと気が済まないのでしょうかw

人気記事については、本当によくわかりません。ブログの右側に人気記事が表示されるようになっており、ダイソー関連の記事がやたら登場しますが、これはまぁ単にダイソーの利用者が多いわりに記事を書く人がそれほど多くないから、なのかも?

ほら、アフィリエイターって基本的に紹介料で稼いでるから、Amazonとか楽天の商品を紹介したがるでしょ。最近はダイソーの商品を絡めつつ、似たような商品で通販で買えるものをおすすめしていたり、あの手この手を駆使していて商魂たくましいなぁと感心しております。

いやまぁ、読者からすればそれらとうちのブログに何の違いがあるのかって話でしょうけども。一応、このブログは検証が目的なので、金稼ぎをメインには据えていません。AdSense広告がたくさん表示されて、アフィカスうぜぇwwwと感じている読者もいるかも知れませんが、あくまでGoogleさんの「自動広告」に任せているので、ぼくは広告の位置を一切決めていません。
※Amazonの商品広告は手動で貼っています

ともかく、そういう素人ちっくなやり方で、どのくらいアクセス数が増えるのか、収益はどんなもんなのか調べて公開することが第一の目的です。
(だってぼくはプログラマーなので、本気でお金を稼ぎたいならWebサービスでも作ったほうが効率良いのです)

一部、興味本位でソフトウェアの紹介やポータブル掃除機の案件も受けましたが、ほーん、こういうやりとりするんだねー、という知的好奇心を満たしたので、現在は受けていません。そもそも1記事あたり5000円とか多くて1万円くらいなのですが、その程度では労力の割に合いません。

商売でやるなら、逆の発想で、5000円程度で出来る範囲で、つまり1記事30分~多くても1時間くらいで仕上げる勢いで請け負うのが良いのでしょうね。ぼくはそんなに素早く有用な記事を書く自信がないので受けません。

ブログの収益

比較のために前回の2020年の集計も併せて掲載しておきます。

2020年実績
年月AmazonGoogle
2020年01月10,773円11,083円
2020年02月9,411円11,168円
2020年03月10,331円9,279円
2020年04月20,415円11,330円
2020年05月34,217円11,149円
2020年06月21,612円9,591円
2020年07月24,728円16,344円
2020年08月17,023円13,393円
2020年09月18,405円12,285円
2020年10月26,839円12,985円
2020年11月21,909円17,164円
2020年12月19,936円15,709円

2020年の総額:387,079円

2021年実績
年月AmazonGoogle
2021年01月14,670円16,476円
2021年02月 9,310円16,430円
2021年03月19,391円10,792円
2021年04月14,901円16,130円
2021年05月14,474円11,594円
2021年06月10,083円10,402円
2021年07月11,091円8,011円
2021年08月 8,594円11,669円
2021年09月11,042円10,423円
2021年10月 8,114円10,056円
2021年11月13,715円12,865円
2021年12月13,224円15,316円

2021年の総額:298,773円

尚、Amazonは売上レポートからの記載ですが、Google AdSenseは確定した金額しか公開してはいけない謎ルールがあるので、通帳からの記載であり、実際には2か月くらいのズレがあります………が、ここで伝えたいのは、「AmazonとGoogleだけでも月2~3万円くらいにはなる」ということだけなので、細かい数字は良いでしょう。

Amazonの売り上げが落ちているのは商品のレビュー記事を減らしたからかなぁ~と思っています。商品レビューってわかりやすく売上があがるんですけど、当然良いと思ったモノしか紹介したくないし、その良さを視覚的に伝えるためにも豊富な写真が必要で手間がかかります。

しかし、ぼくが好きなIT系のガジェット類は寿命が短く、1年も経たずに新しい機種が出て、古い記事のレビューの需要がなくなります。なんか、そういう”使い捨て”の記事のために時間をかけるのがもったいなく感じたので、もう少し寿命が長そうな記事にシフトしていったのが影響したかなと。

実際、アクセス数には変わりありませんし、それを示すようにAdSenseの収益にも影響はありませんでした。

まとめ

以前の投稿とかぶる部分もありますが、ざっくりまとめます。

  • 100記事投稿したらアクセスが増える説は眉唾(少なくとも新規ドメインに限っていえば1年は見ないとダメ)
  • 実録として、約200日毎日投稿して月間7,000PVくらい。
  • 更に継続し300日間で300記事投稿したら月間39,000PVまで増えた。
  • 後はのんびりと気が向いたときにだけ投稿し、400記事到達した時点では月間7~8万PV。月の収益は約3万円。
  • 更にのんびり投稿を続けて、500記事到達した現在は月間5~6万PV。月の収益は約2~3万円。

と、こんなところでしょうか。

思ったより少ないですか?それとも多いですか?

こんなんじゃ満足できないよぉー、もっと景気の良い通帳晒してるプロブロガーの話のほうが興味深いよぉー、なんて思う人は自分がカモになっていないか、自らを振り返ってみたほうが良いです。

基本的に初心者ブロガー向けの記事はアフィリエイトサービスに登録させて、その紹介料を得たり、オンラインサロンへ誘導して月額を搾り取るのが目的と思って間違いないです。

だって、それ以外に実収益を公開する理由あります?

稼げない人に伝えたい!ぼくも以前は稼げませんでした!などと親切ぶって近づいてくる人には十分注意しましょう。

そう、うちのブログのようにw
※参考記事:寝てても600万入ってくる方法は知らんけど400万くらいなら実例出せるという話

コメント

タイトルとURLをコピーしました