スポンサーリンク

名前を出すのもおぞましい”ヤツ”対策にクローブホールを試して実際効果があった話

文章にするのも躊躇するくらい苦手なので、ヤツ…ことGの記事を書くかどうかちょっと悩んだのですが、同じように困っている人も少なくないだろうと考え、思い切って昨年試して効果があった虫除け対策について記録しておこうと思います。

お急ぎの方のために先に結論を書いておきますが、クローブホールというスパイスに強い虫除け効果があると聞いて試した結果、見事1年間、1匹もヤツを見かけることもなかった、という状況でございます。それまでは必ず2~3匹は目撃していたので、個人的な意見を言わせてもらえれば劇的な効果でした。


スポンサーリンク

”ヤツ”が苦手な人はヤツのことを調べることができない問題

Gが苦手な人あるあるだと思うのですが、まずヤツの名前を入力することすらためらわれるし、その文言で検索したときにヤツの写真が出てきたらどうしよう…絶対見たくない…と思って、対策について検索することすら諦める方も多いのではないでしょうか。

ぼくもその一人です。

そんなぼくの心境を変えた出来事があります。

ある夏の日のことです。リビングと寝室の窓を開け、風通しを良くして、ベッドに寝転びながら本を読んでいました。とても良い風が入ってくるため、熱帯夜でもまったく暑苦しくなく、とても気分よく読書をしていたのですが、突然ビタン!!という何かを叩きつけるような音がしました。何事かと思い、本から目を上げると、そこには丸々と太ったヤツが壁にぴったりと張り付いており……ました……。外から一直線に飛行してきたのでしょう…。

ギャー!!とベッドから飛び起きたぼくは寝室中に殺虫剤を充満させ、ヤツを撃退しましたが、自分の頭まで痛くなるほどの量を噴射してしまったため、その日寝室は使えなくなり、リビングにあるソファをえっちらおっちら書斎に運んでそこで寝ることにしたほどです。
※我が家はリビング+寝室+書斎の2LDKで一人暮らしです

これが覚悟をする決め手になりました。

というのも、今のマンションへ引っ越してから約3年、毎年必ず2~3匹はヤツと遭遇するのです。前の家ではそんなことはありませんでしたし、引っ越し前にバルサンだって炊いているのにこの状況。

別の階に飲食店があるのは気になっていましたが、2階以上離れているので影響はないだろうと考えてここに決めたのですが、こうも毎年遭遇するとなると怪しくなってきます。

ともあれ、ビビっている場合ではないだろうということで、とうとうG対策について検索してしまいました。危惧したとおり、中にはマジでヤツの写真を載せている解説ページなどもあり、ここでもギャー!とリアルで叫んでしまいましたが、頑張りました。

”ヤツ”の大きさによってどこから来たのかを知る

そこでわかった重要なことがひとつ。Gの大きさによって対策が異なる、ということです。

ざっくり言うとこんな感じ。

  • デカいヤツは外から来ている可能性が高いため出入口付近に誘引剤または忌避剤を使う
  • 小さいヤツに遭う場合は家の中に巣が出来ている可能性があるためバルサンまたは業者に駆除してもらうしかない

…なるほど、判定方法があるのか、と感心しました。

何が効果的なのかなんて深く考えもせず、引っ越し前には部屋中にバルサン(マンション用の火災報知器に引っかからないタイプ)を炊いていましたし、キッチン、風呂場、トイレなどにはコンバットも毎年設置していました。それでも、この3年間、必ず毎年ヤツに出遭っていました。

飲食店が怪しいという思いもあったので、ベランダに室外用のコンバットも設置しました。そのおかげで、ベランダや室外機の下でヤツの死骸を発見することもありました。

死骸を処理するのすらゾワワワワァ~っと背筋が凍る思いなのですが、長~いトングとトイレットペーパーを使い、なんとかかんとか捨てていました。

しかし、考えてみると丸々と太ったデカいヤツにしか遭遇したことがないんですね。しかもベランダだし。これ、もう、完全に外から来てるヤツじゃん…。

外から来るヤツをコンバット(誘引剤+ホウ酸団子)で引き付けて殺して、死骸を処理する、って、なんか…その…非常に無駄なことをしている気がします。

そこで、虫を寄せ付けない方法を模索しよう、と近所のドラッグストアで↓こういうベランダ用の忌避剤を買ってみたのですが、効果なし。

テキトーに選んだので当たり前ですが、こういう引っ掛けるタイプの忌避剤ってハエや蚊用なんですよね。ヤツには全く効果なし。

そこで、ヤツにも効く忌避剤はないものか、と調べてみると、ありました。ありましたよ。

”ヤツ”が嫌がる匂いを出すスパイス「クローブホール」

極めて強い香りを放つスパイスで、肉と一緒に香りづけに使われる香辛料なのですが、こいつは虫除けに抜群の効果があるそうなんです。


使い方は簡単で、お茶パックにスプーン1杯ほどを入れて、ヤツの通り道付近に置くだけ。

クローブホールとお茶パック

クローブホールの量

50gのセットを買って10パックに分けたのですが、大き目のスプーンでテキトーに入れただけなので、上の例では1パック6gほどになっていました。たぶん、うちのクローブホールパックは4~6gくらいの範囲でバラけていると思います。

クローブホールの配置場所

あくまで我が家の例ですが、こんな感じで配置しました。

キッチンの上戸棚2個
キッチンの下戸棚2個
リビングのベランダ出入口1個
トイレ1個
洗面所の下扉1個
下駄箱の中1個
寝室のベランダ出入口1個
書斎のベランダ出入口1個

買った直後はかなり香りがキツいので、小さい戸棚だと匂いが充満して気になる人は気になるかも。個人的には嫌いじゃない匂いですけどね。そもそも香辛料だし。

専門家ではないので明確な根拠は出せませんが、お茶パックを中心に半径1mくらいは効果がありそうな感じ。逆に言うと、設置直後は1mくらいの範囲に近づくとスパイスの匂いがけっこうハッキリとわかります。

あとペット飼ってる人はスパイスを食べちゃわないように気を付ける必要もありそうです。ペットの体には刺激が強すぎるだろうし。

ともあれ、昨年の6月に上記の場所に配置して以降、今年の4月までただの1匹もヤツを見ていません。引っ越してきてヤツを見なかった1年は初めてです。死骸すら見ていないのです。それどころか、以前はよく見かけていた羽虫すら近寄ってきません。すごい。

ただ、効果時間は約半年と言われています。うちの場合は6月に置いたので、寒くなる12月まで効果が持続して良かったのだろうと思いますが、春先から使う場合は2セット買っておいたほうが良いかも知れませんね。

今年は試しに4月中旬から設置して様子を見ようと思っています。

まとめ

  • 毎年2~3匹はヤツに出遭うため、対策を調べてみた
  • 小さいヤツに遭う場合は巣が出来ている可能性があり、大きいヤツの場合は外から来ている可能性が高いと知った
  • うちはデカいヤツしか来ないので、外から来ていると判断し、誘引剤ではなく、忌避剤を使うことにした
  • 当たり前のことながら、ハエや蚊用の忌避剤ではまったく効果がなかったので、調べた中で口コミの評価が高かったクローブホールというスパイスで対策することにした

効果を確認するためには長い期間様子を見ないとわからないので、この1年ヤツに出遭わなかったくらいで「こいつはすげーぜ!みんな使おうぜ!!」とまではなかなか言いづらいのですが、ヤツが苦手な人はその死骸を処理することすら精神的に辛いでしょうから、一度試してみてはいかがでしょうか?

別にスパイス業者のまわしものではありませんので、好きなところで好きなクローブホールをお選びください。

うちは10パックも作れれば十分かなーと思ったので、50gで最安値だった楽天で買いました。


もっと大量に!しっかり設置したい!というなら200gくらい入って1550円というのもAmazonにありますし、面白いことにスパイスなのにここのレビュー欄は虫対策の話ばかり書かれていますw

上の商品のレビューを見てみると、設置しはじめてからGを見なくなったというレビューがいくつも投稿されているので参考までに読んでみるのも良いかと。やっぱ効果あるよなー、うちだけじゃなかったわー、と妙に安心しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました