既定のアプリが変更できないのはKBの不具合だった

最近、Windowsストアのインストールに失敗するし、wsresetコマンドしても治らないし、更に困ったことになぜか既定のアプリの変更ができない不具合に見舞われておりまして、とうとうWindows 10を初期化することにしました。
(そんなこと言いつつ3ヶ月に1度くらい初期化してるんですけどね)

大事なデータは毎日robocopyでバックアップしているし、いつも使うアプリはUSBメモリに保存してあるので環境を元に戻すのに半日どころか2時間もかからないでしょう。困ったときのOS初期化で解決!(ゴリ押し)

既定のアプリが変更できない

ファイルの拡張子にプログラムを関連付ける機能ってあるじゃないですか。jpgならフォト、mp4ならムービーとか。

Windows 10になってからは既定のアプリを変更すると「最近既定のアプリが変更されたけど元に戻す?というか戻しておいたよ」ってくらい余計なお世話をしてくる感じですよね。いや、もちろん必要なことだとはわかっているんです。

SPAMメールにまぎれてウィルスを送りつけてくる業者や、親切なフリーソフトのふりしてこっそり情報漏洩させるアプリとか蔓延していますし、そういった悪意のあるプログラム達が勝手に既定のアプリを書き換えているのに気が付かず、いつものブラウザを起動しているつもりが他のスパイアプリを経由させられていた、とか。そういう可能性もあるわけですから。

それにしたってWebブラウザーの既定をEdgeから他へ変更するときの警告文はけっこうひどいと思いますが、まぁそれは今は置いておくとして。

要するにコレですコレ。

既定のアプリの変更

メール、マップ、音楽プレーヤー、フォトビューアー、ビデオプレーヤー、Webブラウザーに関してはWindows 10の中で特別扱いされているので、それがエクスプローラーから変更できないというのはわかるんです。

「既定のアプリが変更できない」で検索すると、それ系の質問掲示板、個人ブログ、アフィブログが山ほど出てきます。[設定]の[アプリ]にある[既定のアプリ]から変更しましょーねー、って。

いやいや、そーじゃないんです。

設定の既定のアプリ画面とか、Microsoftが推奨する既定値にリセットする、とか、ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ、とか、ひととおりやったんです。

というか、ほんの数ヶ月前にもコレ系(画像をHoneyviewで開けないとか)でハマって同じことをやって無事解決した気がするのですが、今回は何やってもダメ。

なんならレジストリの変更までしましたが反映されない。

どうやっても .txt にNotepad++を関連付けることが出来ない! .phpもNotepad++に関連付けられない!

まぁ、.htmlとか普通はブラウザで開くし、それを編集するときは.htmlをNotepad++へドラッグ&ドロップしてから編集しているわけだから、.phpでも同じようにやればいいじゃん、って話ではあります。

でも、ちょっと前まで出来ていたハズのことがなぜか出来ない。ついでに言うとWindowsストアもおかしい。だから、もう面倒になってWindows 10をきれいさっぱり初期化しました。

結果、Windowsストアは快調に戻りました。

でも…

OS初期化しても既定のアプリが変更できない

そんなバカな…。.txtをメモ帳にしか割り当てられないし、.phpに至ってはどんなアプリにも関連付けることが出来ません。いったいどうしてしまったんだい、うちのWindows君は…。自慢のM2.SSDまできれいさっぱり初期化したというのにこの不具合です。

もうこれはNotepad++が悪いのかと、Microsoft Visual Codeエディターとか入れても.txtや.phpに関連付けできない。

…うそでしょ。

そこでふと思いついて、期間指定でググってみました。

Googleで期間指定して不具合を検索してみる

Googleはロボット検索エンジンですから、人気なページ、息の長いページのほうが検索上位に出やすいようです。そのため、新しい不具合だと情報を見つけるのに苦労するんですよね。

そんなわけで、期間指定で「1ヶ月以内」にして検索してみたら一発で解決ですよ。

Googleで期間指定する

結局、Windows Update(累積アップデート)の不具合が原因でした。

セキュリティパッチあてたら目的は達成したけど別の不具合が出ちゃったよパターンです。

先述の個人ページではKB4462919が悪さしていると断言されておりましたので、さっそくうちのPCからも削除しようとしました。

…が、更新プログラムの一覧を確認してもKB4462919がない。

んー、これはKB4462919は不具合で撤去されたものの、その後に出たKBでまた不具合が出たパターンかな?と思い、近い番号のKB4467702を削除※1したところ、とうとう、とうとう!既定のアプリの変更に成功しました。

.txtや.phpにNotepad++が関連付けられたのです。やったー!

自動アップデートが動いたらまた不具合出ると思いますけど、原因が特定できたというのは精神的に大きいです。

気分が落ち着いたのでじっくり調べてみる

問題が発生しているときはその解決に向けてムキーッ!となっているので落ち着いて調べることが出来ません。ついつい似たようなキーワードでばかり検索して情報が見つけられないんですよね。

KB(累積アップデート)が悪さしていることはわかったので、KB番号を元にして情報を集めていきます。すると、出るわ出るわ。

少なくとも以下のKBすべてで既定のアプリが変更できない不具合が発生してます。

  • KB4462933
  • KB4462919
  • KB4467702
  • KB4464330 (v1809用)

現在、うちの Windows 10 はversion 1803で、1809はOctober 2018 Updateと呼ばれている大型アップデートです。

しかし、その大型アップデートであるOctober 2018 Updateは下記のような様々な不具合で公開直後に配信停止になったといういわくつきのアップデート。

  • OneDriveの機能に欠陥がありユーザーファイルを勝手に削除することがある
  • ZIPファイルを展開すると確認なしに既存のファイルを上書きしてしまう
  • 移動プロファイルを使っているときに環境変数が正常に展開されない
  • Unicode文字の「★」が正常に表示されない

なにやってんすかMicrosoftさん。

2018年11月13日、October 2018 Updateが再開

さすがに不具合が多いのでしばらくは停止か、バージョン番号変えてくるかなぁと思ったら、ほんの2日前に再開していることがわかりました。

Microsoftの公式発表によると、「数百万に渡るデバイスからのフィードバックと診断データを詳細に調査し、データ損失はもう起こらないと判断して再リリースする」みたいなことが書かれています。

Microsoftからのニュースリリース原文
https://blogs.windows.com/windowsexperience/2018/11/13/resuming-the-rollout-of-the-windows-10-october-2018-update/

ぶっちゃけ怖いけどアップデートしてみる

あれだけ不具合のあった大型アップデートを、再リリースのわずか2日後に適用するのってすげえ怖いです。

でも、Windows 10を初期化したばかりのぼくならイケる。

いまならCドライブがふっとんだってバックアップしたばかりのデータがあるから平気だぜ!ということでアップデートしてみました。

いざ、開始!

Windows 10 October 2018 Update

………そして完了まで30分くらいひたすら待つ。

Windows 10 October 2018 Update

既定のアプリが変更できない不具合はOctober 2018 Updateで治る

既定のアプリが変更できる

やった!やったよ!

既定のアプリが変更できるよーっ!

………出来て当たり前なんですけど、失ってわかる既定のアプリの大事さでした(;´∀`)

まとめ

  • 既定のアプリを変更できないのはv1803のKBのせい
  • KB4462933、KB4462919、KB4467702あたりを削除すれば一応治る
  • でも自動アップデートで復活するので更新を止める必要がある
  • v1803を諦めてv1809の大型アップデートをしてしまえば治る

既定のアプリの変更できないのは不便だけど、大型アップデートは怖い!

でもって、KBを削除するのも自動更新停止するのもセキュリティ的にどうなの、という方には、一応、有志が作ったPowerShellスクリプトがあります。

https://p0w3rsh3ll.wordpress.com/2018/11/08/about-file-associations/

エクスプローラー関連のレジストリを大幅に変更するもので、けっこう強引なので、レジストリのバックアップは必須。

んんんん~、どうせ自動更新が有効なら数週間後には October 2018 Update が来るし、やっぱり既定のアプリで困っている人はアップデートしちゃうのがおすすめじゃないかなぁと思います。