オーブンが壊れたのでホットサンドメーカーを買ってみたら意外と使えるヤツだった

1年半くらい前になるでしょうか。「予想以上に活躍してくれるコンベンションオーブン」と題して、絶賛!!………とまではいかないけれどw 「手間なく」「そこそこ美味しいモノを」と考えたときにコンベクションオーブンって便利だよ、なんて記事を投稿しました。

いまでもそれは間違ってないと思うのですが、当時の時点でコンベクションオーブン2台目。1台目はsirocaのオーブンで1年ほど経ったらタイマーが効かなくなり、危ないので廃棄。2台目はアイリスオーヤマのオーブンに買い替え、記事を投稿した当時はまだ現役だったのですが、2年経ったあたりからなぜか火力が上がらなくなり、5分で焼けていたトーストが8分ほどに。冷凍トーストに至っては10分以上かかるようになってしまいました。

こんな壊れ方ってあるんですね。

トーストを焼く時間が長いとパンがパサパサになる

コンベクションオーブンを買った当初はそのコンベクション(熱風)によって満遍なく綺麗に焼ける点が気に入っていました。

しかし、考えてみれば熱風で空気を巡回させるということはそれだけ水分が飛ばされて乾燥するってことなんですよね。

4分くらいで焼けていた頃は気になりませんでした。

しかし、ヒーターの劣化なのか何なのか、焼き時間が伸びるにつれ、あきらかにパサついていくトースト…。

これはたまらん、と思い、とうとうコンベクションオーブンでトーストを焼くのをやめ、オーブンレンジのトースト機能で焼くことにしました。

オーブンレンジは庫内が広く、ヒーターも上部にしか付いていないため、正直トースト焼くのには全然向いていません。

でも、ひさしぶりにオーブンレンジで10分もかけて焼いたトーストは美味しかった。

…いえ、実際は極普通くらいなんです。単に、コンベクションオーブンで10分かけたトーストがあまりにも不味くなっていただけでw

フライパンでもトーストは焼ける

もう一度コンベクションオーブンを買い直すことも考えたのですが、どうにも耐久性に不安があります。安物じゃなくてもうちょっと高級な機種を買えば良いのでしょうけどw なんかなー。ヒトバシラー気質なぼくとしてはそれもちょっとつまらない気がしてしまいます。

とはいえ、味の違いに気がついてしまったら、もうパサついたトーストなんて食べたくないし、オーブンレンジで毎回10分以上かけてのんびり焼くのも出来れば避けたい。

魚焼きグリルでトーストを焼くと早いらしいけれど、あのグリル掃除するの面倒くさくないですか?

そんな感じで調べているうちにフライパンでトーストが焼けることを知りました。

考えてみれば当たり前なのですが…食パンといえばトースターで焼くもの、という先入観があったのでまったく思いつかなかったんですね。

フライパンでトーストを焼くのははじめてだったので最初はドキドキしたのですが、やってみれば何のことはない。

うちはIHですが、中火で片面1分ずつ、計2分焼くだけ

しかも、外はカリっと中はふんわりですげえ美味しい!!

あぁそうか、早く焼いたほうが水分が逃げないから美味しいんだ…。

もうこのままずっとフライパンで焼こうかなと思ったのですが、ふと知り合いからホットサンドメーカーなるものをオススメされていたのを思い出しました。

ホットサンドメーカーを買ってみた

はい、こちら。

ホットサンドメーカーUG-3024

ホットサンドメーカーってただの鉄板ですし、安いのは1,000円台からあるのですが、うちはIH対応じゃないと使えないのでちょっとだけお高いキャプテンスタッグのUG-3024にしました。

ホットサンドメーカーUG-3024の箱

なんかAmazonで新品買ったわりには梱包が雑で、箱とかべこべこに凹んでいましたが、まぁ精密機器でもないから良いでしょう…。

材質はアルミ合金製で、表面にはフッ素加工がされているタイプです。

フッ素加工はコーティングが剥がれるとひどい見た目だし、食べ物も剥がれづらいので嫌がる人もけっこういる印象ですが、

  • 鉄製の調理器具を使わない(シリコン製のお玉とか、ナイロン製のトングを使う)
  • 中火以下でしか使わない(できれば弱火)

の二点だけ守っていればそこそこ長持ち(2~3年)するので個人的にはフッ素加工バンザイです。

ホットサンドメーカーUG-3024の分解

こだわったポイント…………というほどではありませんが、こうして二枚に分かれるタイプだったのも、このホットサンドメーカーを選んだ理由のひとつ。

片方だけで小さなフライパンとして使える、というのはもちろんのこと、何より洗いやすいでしょう。

自炊派にとって調理器具の洗いやすさは何より重要である。

ホットサンドメーカーでホットサンドを作ってみた

自分ひとりの朝食のためにホットサンドを作るなんて面倒くせーなーと最初は思っていたのですが、ちょっとググってみると簡単な具材だけで、しかもほかの調理器具を使わずに作っている例が多かったので、これは意外と楽かも、と真似してみました。

  1. ホットサンドメーカーの両面に油を塗って、卵を割り入れる。
    ホットサンド 卵投入
  2. 白身が少し固まってきたくらいで、食パンをのっける。
    ホットサンド 食パン投入
  3. 蓋を閉じて1分ほど待つ。
    ホットサンド 片面焼く
  4. ひっくりかえして蓋を開ける。
    ホットサンドメーカーを開ける
  5. 野菜やチーズやマヨネーズをテキトーにのせる。
    ホットサンド キャベツ&チーズ
  6. もう1枚食パンを載せて、ひっくりかえして1分待つ。
    ホットサンドを焼く

完成。

ホットサンドメーカー

どうですかね。簡単じゃないですか?

凝った具材を用意すると面倒だと思いますが、卵/野菜/チーズくらいなら常備してる人も多いでしょうし、なによりホットサンドメーカー以外の調理器具を一切使わないのが良い。

これが普通のトーストだとトースターで焼いている最中にフライパンを出してきて目玉焼き作ったり、と洗い物が増えます。 (まぁフライパンくらい洗うのは良いんですけど)

欲張り過ぎると胃がもたれる

卵/野菜/チーズのホットサンドは本当に楽ちんなんですけど、なんかこう、ホットサンドってもっと具材がギューっと詰まってるイメージがあって、寂しいような気もしたんです。

ホットサンド ツナサンド

そこで次の日にはツナ缶なんかも開けて増量してみたのですが…

ホットサンドメーカー

これは見た目以上にボリュームがあって、アラフォーおじさんの胃にはちょっともたれましたw

普段の朝食用としては具材少なめのほうが良いですね。

まとめ

  • 2年使ったコンベクションオーブンが壊れた
  • 仕方ないのでオーブンレンジでトースト焼いたらそこそこ美味しかった
  • フライパンでトースト焼いたら更に更に美味しかった
  • それなら、ってことでホットサンドメーカーを買ってみた
  • 具材たっぷりのホットサンドはそりゃもう贅沢な気分で超美味しかった。

でも、あんまり具材を張り切りすぎると毎日作るのは面倒になるので、ホドホドで良いとも思いましたw

このホットサンドメーカーもコンベクションオーブンと同じで、超絶おすすめ!!!!というほどではないですが、こんな単純なモノでも料理のバリエーションが豊かになるし、何より安いのでひとつくらい持っておいても良いんじゃないかなって思いました。

adsbygoogle

フォロー