レンジde焼そばは作るの簡単だし油を使わずヘルシーなので意外とオススメ

唐突ですが、袋入りの3食焼きそばって給料日前の強い味方じゃないですか。

これは通販なのでお高いですけど、近所のスーパーだと150円くらい? 少なくとも200円はしないですよね。

そうすると1食あたり5~60円くらい。

キャベツと安い豚小間でも一緒に炒めれば十分美味しく頂けます。でも…

焼そばをまともに作ろうとするとちょっと手間

キャベツを切り、フライパンを熱して油をひき、豚肉とキャベツを投入し、肉に火が通ったら生麺を入れ、水をちょい足ししてほぐしながら炒める。全体に火が通ったら粉末ソースをぶっかけてまぜまぜ。

このくらいを手間なんて言ったら怒られるかもですが、独り暮らしで平日は残業につぐ残業で時間もない、なんて生活スタイルだともう面倒だからコンビニ弁当で済まそう、ってなっちゃうじゃないですか。

しかし、コンビニ行くより簡単かも知れないくらい楽なのがこちらのレンジde焼そば。むかーしから面倒なときはいつもこれを作って食べています。

レンジで作る焼そばは超簡単

お皿に生麺を投入

レンジde焼そば(生麺投入)

野菜と肉類も投入

レンジde焼そば(野菜と肉類投入)

なんだったら肉やウィンナーは冷凍されたままの状態でもOK。

今回はキャベツを切らしていたのでレタスですが、どっちでもあらかじめサラダスピナーに大量に用意しておくと冷蔵庫から出して放り込むだけで済むため楽ちんです。

※参考記事:自炊始めるならまずサラダスピナーを買うべき

レンジで600W 5~8分チンする

レンジde焼そば(レンチン後)

常温の肉類を放り込んだ場合は600W 5分くらい。冷凍ウィンナーだと6~7分くらい。冷凍豚小間あたりだと8分くらいかな。

具材によってもレンジ性能によっても多少前後するのでそのへんは短い時間から徐々に試していけば良いと思います。一度ベストな時間を見つけさえすれば次回からはスムーズですし。

ちなみに野菜がない場合は水をほんの少し(スプーン2杯分くらい)追加したほうが良いです。生麺だけレンチンしたらカチカチになっちゃうので。
(野菜がある場合はそこから水が出るので追加しなくてOK)

レンチンした後はそのまま粉末ソースをドバッといきます。

人によってはレンチンする前に粉末ソースを入れるようですが、それは常温の具材で5分くらいチンする場合ですね。それ以上長くなると粉末が塊のままで固着しちゃうので、出した後に混ぜ混ぜするのがちょーたいへん。

冷凍ウィンナーや冷凍豚小間をよく使うぼくは基本的にレンチンした後に粉末ソースどばーっ派です。

お好みで青のりやマヨネーズをかけて完成

レンジde焼そば 完成

意外とちゃんと焼そばっぽい見た目でしょ? お味もけっこうイケてます。

もちろん厳密に言えばフライパンで炒めたほうが美味しいですよ。でも、このやり方なら調理器具が一切不要。

フライパンも混ぜるための菜箸もいらない。

お皿に具材入れてレンチンして終わりなんだもの。

フライパンと違って目の前で見ていなくても良いというのもメリットです。

レンジを動かしている5~8分の間にもう一品作るもよし、洗濯機まわすもよしです。

まとめ

  • 生タイプの焼そばはフライパンを使わずレンチンだけでも作れる
  • 麺、野菜、肉類を皿に入れて600Wのレンジで5~8分。
  • 野菜から水が出ることで麺をほぐせるようになるため、野菜を入れない場合は代わりに水をスプーンで1~2杯ほど追加すること。
  • レンチンした後に粉末ソースを加えて混ぜ混ぜ。

といったところでしょうか。

ちゃんとフライパンで作ったほうが美味しいことは美味しいんですけどね。洗い物が激烈に少なくなるし、油使わないからヘルシーだし、レンジde焼そば、手抜きしたいときに便利ですよ。

ちなみに前々から推しまくっているとおり、野菜を50度洗いしておくと1週間以上保つので、独り暮らしでもキャベツやレタスまるごと買っても大丈夫。

※参考記事:自炊始めるならまずサラダスピナーを買うべき

adsbygoogle

フォロー