楽天ポイントを使ってAmazonで買い物する方法

おサイフケータイを愛用している知り合いと話していて、Amazonで楽天Edyが使えることを知らない人が意外と多いことに驚いたので、今回は余りまくった楽天ポイントをAmazonで消化するお話です。

ちなみにぼくは昔からグローバルスマートフォンを愛用していて、今もMVNOのSIMとSIMフリー端末の組み合わせなので、おサイフケータイのことはよくわかりません。そのため、基本的にPCで決済する話になります。

楽天ポイントは使いみちに悩む

楽天ポイントってけっこう貯まるのですが、使い道に悩みませんか。


(通算獲得ポイントとか見るといったいいくら使ったのか地味に恐ろしくなる)

欲しくないものを無理に買うのも嫌ですし、楽天ポイントが余っているという理由でAmazonより高いお店で買い物するというのも悩ましいです。

以前の記事、

で書いたとおり、今は投信積立をしてるので楽天ポイントがざぶざぶ貯まるし、貯まったポイントはそのまま投信積立に追加して複利効果を得ていますが、それ以前は本当に使いみちに困っていました。

キャンペーンやら楽天アフィリエイトやらで毎月ポイントは貯まるのですが、基本的にAmazonばかり使っているので、あまり楽天のお店に用がない。

当時、Amazonで楽天ポイントが使えたらなぁ、なんてアホなことを考えていたのですが、実際そうする方法がありました。

楽天ポイントをAmazonで使うための前提条件

楽天ポイントをEdyに変換する必要があるため、以下のどちらかが必要です。

  • ICカードリーダー
  • Felica対応のスマホ(おサイフケータイ)

でも、いまどきのNFC対応端末ならモバイルEdyが使えるのかなぁ。

モバイルEdyを使ったことがないのでそのへんはちょっとよくわかりません。

ともあれ、楽天Edy機能付きのポイントカードやクレジットカードを持っていて、そのカードをPCで使いたい場合にはICカードリーダーが必要になります。

こんなやつ。

楽天Edy専用のカードリーダーだともう少しお安い。


でも、基本的には前者のSony製のがオススメですね。

IC付きのマイナンバーカードを持っているなら確定申告の電子申告(E-tax)も出来るようになりますし。

楽天ポイントを楽天Edyへチャージ申請する

先ほど楽天市場の右側に表示される会員情報を載せましたが、そこをもう少し下にスクロールしていくと、



「ポイントがコンビニで使える!1ポイントを1円分でEdyに交換」という文字があり、これが下記のリンクになっています。
https://pointcharge.edy.rakuten.co.jp/exchange/edy/

リンク先を開くと楽天Edyのポイントチャージ画面が表示されるため、[チャージ申請へ]をクリック。

チャージする楽天Edyカードを選択した後、ポイント数の入力をします。

この例では楽天ポイントが3,225ポイントあるのに、チャージ可能ポイントが3,187ポイントとなっていますが、これは注意書きにあるとおり、期間限定ポイントが38ポイントあるからです。
(3225-38=3187)

最後に[申請する]ボタンを忘れずに押してください。

Edyカードでポイントを受け取るためにEdy Viewerを使う

Edyページの右上に小さく[Edy Viewer]というリンクがあり、リンク先は下記のとおりです。
https://edyviewer.rakuten-edy.co.jp/edyviewer/index.html

ChromeやFireFox等、IE以外のブラウザで開くと対象環境ではないというエラーが表示されます。

そう、いまどきIE専用のページなんですよ…。WindowsのActiveXを使っているからだろうな、とかIT技術者なりに理解はしますが、IE11すら終了予定なのに今後どうするんですかね。

いずれにせよ、IEで開けと言われるのでIEであらためて開き直すのですが、最初はやっぱりエラーが表示されると思います。ただ、変わりにブラウザの下にアドオンをインストールしようとしているとのメッセージが出るハズ。

そう、この Sony Imaging Products Solutions Inc からのアドオンをインストールしなければIEでもEdyが読み取れないわけです。

素直に[インストール]をクリックすると上記のようなセットアップ画面が表示されます。

[次へ][次へ]と進めていくだけでインストール完了。

インストールが完了したら、IEブラウザでリロードすればようやくボタンの色が灰色から青色に変わり、Edy Viewerが使えるようになったハズです。

まだICカードリーダーをPCに接続していない場合は、ちゃんとUSBで接続しておきましょう。

ICカードリーダーの上にEdyカードを置いた後、[Edyの受け取り]ボタンを押せば、いつものシャリ~ンという音と共に先ほど申請したポイントがEdyカードにチャージされます。

AmazonでEdyを使う方法

まぁ、使う方法も何も[お支払い方法を選択]で[コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」を選ぶだけです。

このまま決済すればしばらくするとAmazonから「お支払い番号のお知らせ」というメールが届き、Edy Viewerで決済することができます。

ただ、電子マネー払いの場合、残高不足だと決済出来ません。

今回の例だと3,187ポイントがEdyにチャージされているわけですが、4,000円の商品を購入して、3,187円分はEdyで、残りは現金で、みたいな方法が取れないんですね。

なので、裏技…………というほどの技でもありませんが、そういうときはAmazonギフト券を使います。

ギフト券といいつつ、贈り物ではなく自分で使っても構わないわけです。

しかもAmazonのギフト券(Eメールタイプ)なら1円単位で金額を指定できるんですよ。

そこで、3,187円分のAmazonギフト券を購入するわけです。これで4,000円の買い物に3,187円分のギフト券を使い、残りは別の決済方法で…ということが可能になりました。

まとめ

文字にすると少々ややこしかったでしょうか。

なるべく簡潔に書くと、

  • 楽天ポイントは楽天Edyに変換できる
  • Amazonの決済時に電子マネー(楽天Edy)が使える
  • チャージ金額以上の買い物をしたいときにはAmazonギフト券を活用しよう

といったところでしょうか。

しつこいようですが、PCで決済したい場合にはICカードリーダーが必要となりますので、お忘れなく。


adsbygoogle

フォロー