バリューサーバーのMySQLが落ちやすい

去年、「レンタルサーバーはVALUE SERVERにしたという話」で書いたとおり、このブログはバリューサーバーで運営しているのですが、どうにもこのところMySQLの調子がよくありません。

はじまりはWordPressのデータベース接続確立エラー

WordPressを使っている方にはわかると思うのですが、恐怖の「データベース接続確立エラー」

WordPress データベース接続確立エラー

初めてみたときは何事かと思ったのですが、要するにWordPressがMySQLへの接続に失敗しましたよ、という話。

最初はphpmyadminでは接続可能で、WordPressだけこの接続エラーが出るため、WordPressの問題だろうと考え、「WordPress データベース接続確立エラー」で検索したのですが、ユーザー名やパスワードを確認しろとか、wp-config.phpの記述ミスだとか、役に立たない当たり前の情報しか出てきませんでした。

そして、どうしたもんかなぁ、DBのバックアップは取ってあるし、最適化だけでも試すかなともう一度phpmyadminで接続しようとしたら今度はこちらまで接続エラー。

あれれ、さっきは接続できたのに…。

そう、WordPressでエラーが出て、phpmyadminではエラーが出なかったのは「たまたま」でしかなく、結局のところレンタルサーバー側のMySQLが許容量を超えてエラーを吐いていたというだけの話。

そこまでわかれば後は問い合わせるだけです。

5ヶ月の間に4回MySQLの接続エラー

というわけで、自分が試したこと(ログイン情報が正しいのは確認済み、WordPressで接続エラー、phpmyadminでも接続エラー)とおそらくMySQLの最大同時接続数がオーバーしているのではないか、という予想も添えてサポートにメールです。

すると3時間後くらいには接続できるようになったので、おぉもう対応してくれたのか!と喜んだのですが、翌日届いたサポートからのメールでは「今は表示されているようだし、監視ログでは異常が見当たらないので、様子を見てもらえないか」との回答。

えぇぇ…。ほっといたら負荷が下がっただけっていうパターンですか。

まぁ格安サーバーに安定性求めちゃいけないよねー。ということで、そのまま流していたのですが…

バリューサーバーのサポート

2018年11月、12月、2019年2月、4月とMySQLへの接続エラーが頻発。

後半2回についてはさすがに「高負荷の原因となっているユーザー様に対するアクセス制限などで対応させていただきました」という対応したアピールがありました。

WordPressにも一因があるのではないか

一概に格安サーバーだから、と切って捨てるのも少し違う気がしています。

というのも、xreaサーバーしかなかった頃からバリューサーバーの運営元DigiRockにはお世話になっており、月間100万PVを超える複数のサイトを月額数百円の格安サーバーで耐え抜いてくれた実績があります。

現在借りているバリューサーバーのエコプランとスタンダードプランもかれこれ3年以上は問題なく安定運営できていました。

昨年末にWordPressの勉強を兼ねてこのブログを立ち上げてからおかしくなったんですよねぇ。

実際、昨晩はMySQLエラーでこのブログが開けない状態になりましたが、同じサーバーで運営している別サイトはどこ吹く風で快適に動作しておりました。

中身は自分のためだけに自分でコーディングしたオレオレCMSを使っており、DBにはPostgreSQLを使用しているので、MySQLでトラブルが発生しても無風なわけです。

WordPressのシェアは全サイトの33%

WordPressの世界シェアは全ウェブサイトの33%にも達したそうです。石を投げればWordPressに当たる状態。

バリューサーバーの1サーバーあたりの同居数がいくつかはわかりませんが、コアサーバーの仕様によるとCORE-MINIで最大300アカウントとあるので、エコプランも同じくらい同居してそうです。
https://www.coreserver.jp/spec/

となると、300のうち100サイトくらいはWordPressで運営されている可能性が高い。

インストールした直後から感じていましたが、このCMSはクソ重いです。重すぎます。

それだけ出来ることが多いですし、プラグインも豊富ですが、そのプラグインもいかにWordPressを軽くするか、という目的のために入れられるのがほとんどです。

WP-Optimize、WP Super Cache、Autoptimize、Async JavaScriptなどなど。

毎日投稿する実験も兼ねているため、既に165記事ほど投稿しており、移行は簡単ではない気もしますが、これはいよいよ別のCMS、あるいはオレオレCMSへ移行する時期なのかも知れません。

参考までにGoogle PageSpeed Insights

このブログのPageSpeed Insightsのスコアは現在76。昨晩は非常に重くて22とかでした。
valueserverエコプランのPageSpeed Insights

同じバリューサーバーのエコプランに同居している他サイトの場合はスコア99。
MySQLは一切使っておらず、PostgreSQLで構築したサイトで5,000ページ以上あるサイトです。
valueserverエコプランのPageSpeed Insights

別のサイトですが、valueserverのスタンダードプランを使ったサイトではスコア100。ここもPostgreSQLがメインです。
valueserverスタンダードプランのPageSpeed Insights

最後にmixhostで構築したサイトで、こちらはMySQLを使用していますが、自分用に作った軽いCMSなのでスコア98。
mixhostでのPageSpeed Insights

こういう状況を見ると、レンタルサーバーがユーザー詰め込みすぎなんだよっ!…と簡単に言うわけにはいかないかなぁ…という気もしてくるんですよね。

まとめ

WordPressさん、重すぎるってばよ

adsbygoogle

フォロー