Viveトラッカーの固定方法(ベルト&サンダル+カメラネジ)

前回の「Viveトラッカーの感想や注意点」では電波干渉関連で少々愚痴ってしまいましたが、どのみち全身フルトラッキングするにはViveトラッカー以外選択肢がありません。

ではそのViveトラッカーでフルトラするにあたり、どうやって体に固定するのか、というお話です。

Viveトラッカーを足へ固定する方法

ぶっちゃけ固定さえできれば良いので、お金をかけたくないなら輪ゴムでもビニール紐でも何でも良いから体に縛れば良いです。

ただ、VRChat等で長時間付けていると足首が痛くなってきますし、輪ゴムだとBeatSaber等の激しい動きをするとびよよ~~~んと伸びてトラッキング精度が不安定になったりもします。

そこでぼくが追加購入したのは百均のサンダル。

■ダイソーで売っていたクロックスもどき
ダイソーで売っていたクロックスもどき

サンダルって通気孔が空いているのでビニール紐が通しやすそうだなぁーと思って試してみました。

■ビニール紐でViveトラッカーを固定
ビニール紐でViveトラッカーを固定

見た目はともかくとして固定具合はなかなか良い感じ。ただ、ここまでがっちり巻いてもビニール紐自体がすべりやすいのでズレて赤外線の受光部を塞ぐことがありました。

写真だとわかりづらいかなぁ~。Viveトラッカーに小さい円形のくぼみがたくさんあるのがわかりますかね? そこが受光部で、ベースステーションから発射される赤外線を受信する装置となっています。

ここが塞がれるとトラッキングできなくなってしまうので、縛るならビニール紐ではなく、もっとすべらない、例えば大きめの輪ゴムとかにしたほうが良さそうです。

Viveトラッカーを腰へ固定する方法

腰についても最初は自分のウエストにビニール紐を巻きつけて急場しのぎしましたw

ただまぁ、さすがに付け外しが面倒くさすぎるので、ひとまず買ったのがこちら。

■ジョギング用のウエストポーチ
ジョギング用のウエストポーチ

Viveトラッカーの固定方法について調べているとき、どこかのブログか何かで見かけてそこからのリンクで買いました。

なぜベルトではなく、ポーチなのかというと、モバイルバッテリーを入れるのが便利だかららしい。

Viveトラッカーはフル充電でも4時間くらいしか保たないので、VRChatの世界に住んでしまっているような人にとっては物足りないそうです。

ぼくはBeatSaberがメインなので、幸い(?)モバイルバッテリーのお世話にはなっていませんが、充電忘れたときに便利かなと思ってポーチにしてみました。

…が、1年近く経った今でもモバイルバッテリーは使っていませんし、固定方法は輪ゴムになるので、Viveトラッカー専用のベルトを買ったほうが良かったかなぁ、と今では思っています。

腰トラッカーは前に付けるか後ろに付けるか

ちょっと横道に逸れますが、Viveトラッカーを腰に付けると一口に言っても、仮面ライダーのように前に持ってくるのか、後ろに持ってくるのか、という選択肢があります。

ぼくの個人的な意見としては腰の後ろにトラッカーを持ってくるのがオススメ。

前、つまりおなかのほうにもってくると贅肉のせいでぽよんぽよんするから…………ではなくw 腕の動きでおなかのトラッカーを隠してしまうことがあるから、です。

ベースステーションが左斜め前にあるとしたら、左腕をふったとき。右斜め前にあるとしたら右腕をふったとき、おなかのトラッカーが一瞬、ベースステーションから見て死角に入りますよね?

BeatSaberでは度々このせいで腰がおかしな方向へ飛ぶようなことがあったため、腰の後ろに付けることにしました。これで安定。

とはいえ、VRChatの世界に文字どおり住んでいるような人はVRの中で睡眠を取ったりするらしいので、おなか側のほうが良いのかも知れませんw

Viveトラッカーをカメラネジで固定する

AmazonでViveトラッカーを探していたときに「この商品を買った人はこの商品も~」につられて見かけたのがこちらのホットシューアダプタ。

■1/4インチ ネジ ホットシュー アダプタ
1/4インチ ネジ ホットシュー アダプタ

なんでこんなネジをViveトラッカーと一緒に買ってる人が多いんだろ?と疑問に思いレビューを見て納得。

サンダルの通気孔に挟む形でViveトラッカーを装着するのだそうです。かしこい!

■サンダルにカメラネジを装着
サンダルにカメラネジを装着
※写真のとおり、Viveトラッカーの裏側にはカメラネジ(メス)が付いています

■サンダルのカメラネジにトラッカーを装着
サンダルのカメラネジにトラッカーを装着

これ最初に考えた人、マジ天才。

ビニール紐とは比べ物にならない安定感です。

何日か使っているとネジがゆるんでくることはありますが、そのときはトラッカーごとぐるっとまわして締めるだけ。メンテナンスも容易ってわけです。

この固定方法はホント便利。

1/4インチネジは4つ付いてくるので、穴がたくさんあるベルトをお持ちなら、そこも同じように付けられるかも知れません。

まとめ

  • Viveトラッカーの固定は輪ゴムひとつでも良いが、直接体に輪ゴム巻くと痛い
  • 足についてはサンダル使うと着脱が楽
  • サンダルへの固定は1/4インチネジを使うと安定する
  • 腰は上述のウエストポーチでも良いけど、バッテリーに不安がないなら、そのへんのベルトでOK

といったところでしょうか。

ただ、ウエストポーチだと輪ゴムでぐるぐる巻きにする感じで見た目がアレすぎるし、↓こういう専用品が出ているのでそっちのほうが良いかも知れません。

3点セットとはいえ、7,000円は少々高い気もしますが、ちょっと気になっています。

部屋の中でサンダル履きたくない、という人にも良さそうですしね。

adsbygoogle

フォロー